軽井沢特集

日本でも有数の別荘地である軽井沢

自然豊かで美しいこの軽井沢の街は、古くは江戸時代に中山道の宿場町として開かれました。
元々高冷地でなかなか作物が豊かに育たない山村だったこの地は、中山道の旅人たちの路銀に生活を支えされてきましたが、時代が明治を迎えると、街道を往来する人々も減り、衰退の一途を辿りました。

雲場池

しかし、明治19年にカナダ生まれの宣教師アレクサンダー・クロフト・ショーが美しい軽井沢の自然に魅了され、家族や友人と避暑に訪れてから、彼らの別荘が建築されはじめ、やがて日本人の別荘も建築されるようになりました。

また、それまでのヒエやアワなどの雑穀を中心とした農業から、キャベツや白菜などの高原野菜の栽培が始まったのもこのころです。
現在でも高原栽培のレタスは独特の風味があり、高く評価されていますよね。

大正時代には、大手ディベロッパーによる土地分譲もはじまり、別荘地としての軽井沢の原型が出来上がってきました。

そして、第二次世界大戦後の高度経済成長期には、別荘や民宿、企業や学校の保養所などの建設も増え、自然の中でスポーツを楽しめる避暑地として、その地位を不動のものとしました。

現在は周辺の観光資源の整備が進められている他、軽井沢プリンスショッピングプラザなどの大型ショッピングモールも建設され、美しい自然だけでなく、スポーツ、ショッピング、グルメも楽しめる街に変貌を遂げています。

軽井沢のある長野県といえば、日本の真ん中で、都会の喧騒から離れた自然豊かな静かな山岳地というイメージがありますが、北陸新幹線を使えば東京まで1時間あまりという立地。
実は東京駅-八王子駅間と所要時間は大して変わらないんですね。
日常から少しだけ足を伸ばせば、気軽に緑豊かな大自然に囲まれて、癒しのひとときを楽しむことができます。

さて、いわゆる軽井沢と呼ばれる地域は、主に軽井沢駅と中軽井沢駅付近の地域で構成されており

軽井沢駅北側に広がる「新・旧軽井沢エリア」

軽井沢駅南側に広がる「南軽井沢エリア」

中軽井沢駅北側に広がる「中軽井沢・星野エリア」

中軽井沢よりさらに西に広がる「西軽井沢エリア」

中軽井沢よりさらに北に広がる「北軽井沢エリア」

このように大別されています。

「新・旧軽井沢エリア」

旧軽井沢銀座
国の重要文化財に指定されている旧三笠ホテル、明治28年に建築された軽井沢ショー礼拝堂や小洒落た西洋風の建物も楽しめる旧軽井沢銀座などがあり、軽井沢の歴史に触れることができます。
また雲場池や白糸の滝などの見事な自然を満喫できるヒーリングスポットもあり、四季折々の木々の彩りに心癒されるはずです。

「南軽井沢エリア」

プリンスアウトレット
200あまりの有名ブランドのアウトレットやインテリア、雑貨、アウトドア用品などの、多彩なショップでお買い物を満喫できる軽井沢プリンスショッピングプラザや、湖を中心に8つのバラ庭園がある軽井沢レイクガーデンなど、広い敷地を生かした施設があり、雄大な自然を感じることができます。

「中軽井沢・星野エリア」

ハルニレテラス
このエリアはその名の通り、あの星野リゾート「星野や軽井沢」のあるエリア。
モダンな建物に雑貨やレストラン、カフェなどが入り、川辺のテラスや昼寝デッキで寛げるハルニレテラスや、「石の教会」として有名な石の教会・内村鑑三記念堂もあり、軽井沢の中でも、特にモダンでオシャレなエリアです。

「西軽井沢エリア」

御影用水
中山道六十九次の江戸から数えて二十番目の宿場であった追分宿。かつての宿場町の風情が感じられるスポットです。ヨーロッパの運河を思い起こさせる御影用水の周辺にあるお洒落なカフェで朝食やブランチも人気です。

「北軽井沢エリア」

鬼押出園
浅間山の麓に広がる壮大な高原地帯。 浅間牧場や軽井沢スノーパークなどの家族向けのレジャー施設があり、また、鬼押出し園では1783年の浅間山噴火のエネルギーと自然の驚異を目の当たりにすることができます。

このように、エリアによって様々な魅力を持つ軽井沢ですが、別荘地としてはもちろん、北陸新幹線の延伸により更に便利になったことから、定住志向の方からも注目が高まっています。

住宅ローンの金利は低水準で推移していますが、首都圏では東京オリンピック景気で不動産価格が上昇傾向にあり、マイホームを買いたいと思っていてもなかなか手が出ない若い子育て世代や、定年後、静かな環境で趣味に没頭してのんびりと過ごしたいというシニア世代まで、幅広い世代が軽井沢での暮らしに関心を寄せています。
新幹線に乗れば1時間あまりで東京に着ける軽井沢は充分に首都圏の通勤圏内といえるでしょう。

軽井沢では駅から車で10分圏内でも100坪近い土地が1000万円以下で売り出されていたりします。
一戸建は1LDKの平屋タイプから3LDKの二階建て、はたまた豪華邸宅まで、様々な物件があり、子育て世代、シニア世代のライフスタイルに合わせた住まいを選ぶ事ができます。
首都圏ではなかなか手に入らない、ゆとりある住まいが軽井沢では現実のものとなり得るのです。

土地を選ぶ際、傾斜地の方が眺望に恵まれてはいるのですが、定住する場合は毎日の生活で坂の上り下りが辛かったりすることもありますので、出来るだけ平坦な土地を選ばれると良いでしょう。 また、木々が生い茂る森林の中では、湿気が多くなりますので、出来るだけ日当たりの良い土地を選ぶ事や、床下換気扇などの湿気対策をされることをお勧めします。

また、軽井沢町のお隣の佐久市にはイオンモールや、カインズホームなどのショッピングモールがあり、車を利用すれば30分程でいけるので、お買い物にも便利です。

今、軽井沢は観光や避暑だけでなく、生活の舞台としてもポテンシャルが高まっています!
軽井沢不動産情報

お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせは
027-388-0742


※携帯電話のメールアドレスを入力された方へ
ドメイン指定受信をご利用の場合は、必ず「@toho-corp.jp」のメールが受信できるように設定してください。

希望連絡方法(必須)

ご相談内容